「韓國が中國の『花火』を奪おうとしている(27%)」という中國メディアの調査結果…韓國側「あきれる」

對于“韓國試圖竊取中國的‘煙花’(27%)”的中國媒體的調查結果…韓國方面表示“無語了”


【02月23日 KOREA WAVE】中國のあるメディアが実施したアンケート調査で、27%が「中國の伝統文化である『花火』を韓國が奪おうとしている」と答え、論爭になっている。
中國政府が1990年代から禁止してきた春節(舊正月)の花火を再び許可することにしたことと関連し、中國メディア「九派新聞」(湖北省武漢の政府系メディア「長江日報」運営)が最近、中國ネットユーザーの認識を調査した。
その結果、最も多い43%が「伝統文化保全のために再び許可しなければならない」と答えた。このうち「韓國がユネスコ世界遺産に『花火』を申請し、中國の文化を奪おうとしている」という意見が27%を占めた。
誠信(ソンシン)女子大學のソ?ギョンドク教授は14日、自身のインスタグラムに「本當にあきれる。私は韓國のユネスコ世界遺産についてさまざまな方式で世界に知らせており、誰よりも世界遺産に関心が高い。韓國が花火を世界遺産に申請したことは絶対にない」と訴えた。
(c)KOREA WAVE/AFPBB News


【02月23日 KOREA WAVE】一項由中國某媒體進行的問卷調查顯示,有27%的人回答“韓國試圖奪走屬于中國傳統文化的‘煙花’”,此事引發了爭議。
就中國政府自1990年代以來禁止的春節煙花是否重新允許燃放一事,中國媒體“九派新聞”(湖北省武漢的官方媒體“長江日報”旗下)最近對中國網民的進行了意見調查。
調查結果顯示,最多的43%的人認為“為了保護傳統文化,應該再次允許放煙花”。其中有27%的人認為“(為了抵制)韓國向聯合國教科文組織申請把煙花列為世界遺產、想要奪走中國的文化(的行為)”。
誠信女子大學的徐敬德教授在14日于其Instagram上表示:“真是令人無語。我一直在以各種方式向世界宣傳韓國的世界遺產,我對世界遺產比任何人都更關心。韓國絕沒有向聯合國教科文組織申請將煙花列入世界遺產”。